NY株式:NYダウは94ドル高、ハイテクセクターを中心に買いが先行

2018年5月8日 07:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:00JST NY株式:NYダウは94ドル高、ハイテクセクターを中心に買いが先行
7日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は94.81ドル高の24357.32、ナスダックは55.60ポイント高の7265.21で取引を終了した。投資会社バークシャー・ハサウェイ(BRKB)を率いるバフェット氏が、週末に開催された株主総会や前後のメディアへのインタビューで、大量追加取得したアップル(AAPL)のほか、アマゾン(AMZN)やグーグル(GOOGL)などハイテク大手企業を賞賛する発言を行い、ハイテクセクターを中心に買いが先行。中国が貿易摩擦問題で一部関税引き下げを示唆したことも好感され、堅調推移となった。しかし、米国が2015年に締結したイラン核合意から離脱する可能性が強まっており、トランプ大統領がイラン核合意を巡る対応について明日発表することを明らかにすると、引けにかけて上げ幅を縮小する展開となった。セクター別では、半導体・半導体製造装置や資本財が上昇する一方で食品・生活必需品小売や家庭用品・パーソナル用品が下落した。

医療サービス会社のアテナヘルス(ATHN)は、ポール・シンガー氏率いるエリオット・マネジメントが64.6億ドルの買収案を提示し大幅上昇。原油相場の上昇で、エネルギー会社のチェサピーク・エナジー(CHK)や深海油田開発のトランスオーシャン(RIG)などエネルギー銘柄が堅調推移。電気自動車のテスラ・モーターズ(TSLA)は、イーロン・マスクCEOが1000万ドル相当の自社株を買い増し上昇。一方で、コーヒーチェーンのスターバックス(SBUX)は、スイスの飲料会社ネスレとの提携を発表したものの、軟調推移となった。

バフェット氏と資産家であるビルゲイツ氏は、ビットコインへの投資に否定的な見方を示した。

Horiko Capital Management LLC《TM》

「海外株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース