NAVERまとめ、新聞社・通信社から無断転載した記事の削除を決定

2018年4月28日 11:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 LINEの運営するまとめ記事作成サービス「NAVERまとめ」に無断転載されていた新聞社・通信社の記事や写真について、LINE側が削除を行うことを決めたという(毎日新聞ITmediaTechCrunch毎日新聞などの発表)。

 毎日新聞および朝日新聞、読売新聞、日経新聞、産経新聞、共同通信、時事通信の7社とLINEとの間で協議が行われていたもの。7社は昨年8月に少なくとも3000件の記事が無断転載されていることを見つけていたという。その後、LINEの調査で無断転載されていたコンテンツが計約34万件になることが確認されていた。

 LINE側はあくまでユーザーによる無断転載と主張しているものの、著作権侵害であることは変わらず、問題の記事や写真を削除するとともに、NAVERまとめにおいて7社が指定したサイト・URLからの転載を禁止する措置を講じるという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | 著作権

 関連ストーリー:
NAVERまとめで無断転載を行うと、その損害賠償の責任はライターにある 2017年05月23日
NAVERまとめ、LINEを批判するまとめに対しnoindexメタタグを付けて検索結果に出ないよう指定 2016年12月26日
「NAVERまとめ」が被引用者へのインセンティブやコンテンツ監視強化を発表 2016年12月06日
誰もが漫画ファイルをアップロードできる「マンガ図書館Z」で作者以外が勝手に公開を許諾する例が続出 2016年01月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害LINE

関連記事

広告

財経アクセスランキング