NASA、天王星は腐った卵のような臭い

2018年4月27日 19:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 米航空宇宙局(NASA)によると、天王星は温泉や腐った卵の臭いがするそうだ(SPACE.COM産経新聞Slashdot)。

 NASAは4月24日、天王星を覆う雲に硫化水素が存在すると発表した。研究者らは「以前からにおうと思っていたが、ついに尻尾をつかんだ」としている。硫化水素は腐った卵や糞便などにも含まれており、いわゆる「腐った卵の臭い」の原因である。

 もちろん直接現地に行って調べた訳ではなく、ハワイ島・ジェミニ北天文台に設置した赤外線望遠鏡で、天王星の雲が反射する太陽の光を観測し、含まれる成分を調べた結果分かったという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙

 関連ストーリー:
「ダイヤモンドの雨」を地球上で再現 2017年08月30日
欧州宇宙機関、天王星と海王星探査を目的としたODINUSミッションを発表 2014年02月20日
天王星に新しい月と環 2005年12月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASA

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース