国際海事機関、2050年までに海運船舶のCO2排出量半減で合意

2018年4月21日 18:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 地球温暖化対策として、海運分野でも二酸化炭素(CO2)排出量削減の動きが出ているようだ。国連・国際海事機関(IMO)加盟国内で、2050年までに海運分野の船舶のCO2排出量を半減させることで合意が行われたという(産経新聞AFPThe guardianSlashdot)。

 海運分野は温室効果ガス排出量の2%強を占めるとされているもの、海運会社の国籍とと船籍が異なるケースが多く、そういった問題から船舶のCO2排出量削減は1997年の京都議定書でも例外とされていたという。そのため、温室効果ガス削減の目標値が設定されたのは初めてとなる。

 CO2排出量削減に向けた対策として燃費の改善が求められるという。しかし船舶のほとんどは重油で運用されていることから、技術的な課題が多いようだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球

 関連ストーリー:
東京都、オリンピック開閉会式の4日間CO2排出量をゼロに 2017年10月25日
フランス、2040年までにガソリン車やディーゼル車の販売禁止へ 2017年07月10日
米国はパリ協定から脱退するのか 2017年05月23日
世界のCO2排出量、3年間横ばいを維持 2016年11月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード地球温暖化

広告

広告

写真で見るニュース

  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
 

広告

ピックアップ 注目ニュース