2008年に大気圏に突入の微小天体、かつて太陽系に存在した惑星の残骸か

2018年4月21日 18:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2008年に地球の大気圏に突入し、成層圏内で爆発した天体「2008 TC3 」はかつて太陽系に存在した惑星の一部だったのではないか、という説が出ている(AFPNature Communications掲載論文)。

 この惑星は火星や水星ほどの大きさで、ほかの天体と衝突して砕け散ったと考えられているもの。今回研究チームが地球に降り注いだこの天体の破片に含まれているダイヤモンドを調べたところ、水星から火星ほどの大きさの惑星上にしか存在し得なかった圧力の下で形成された可能性があることが分かったという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | ニュース | 宇宙

 関連ストーリー:
ツタンカーメンの短剣は隕鉄から作られていた? 2016年06月03日
2月6日、南大西洋に隕石が落下していた。爆発規模は原爆と同レベル 2016年02月29日
NASA、インドで発生した殺人隕石事件に否定的 2016年02月15日
隕石の衝突を再現した実験でDNAを構成する物質の精製に成功 2015年08月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード惑星

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース