仮想通貨の採掘業者、ノルウェーやスウェーデンに 寒冷で電力安く

2018年4月14日 18:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 先日、アイスランドでは仮想通貨採掘に消費される電力量が家庭の消費量を超える見込みにという話が合った。アイスランドは気候が寒冷でハードウェアの冷却コストが低いというメリットがあるのが理由だが、最近ではより電力料金が安いノルウェーやスウェーデンに採掘業者が拠点を移しているという(ロイター)。

 ノルウェーに進出した採掘企業として米Bitfuryが挙げられている。同社はノルウェー北部にデータセンターを建設し、地元電力会社から水力発電によって発電された電力350GWhを購入するという(CCN)。

 スウェーデンやノルウェーの電力会社はこれを商機と受け止めているそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | IT | お金

 関連ストーリー:
GPUのマイニング需要が一段落 2018年04月03日
アイスランドやマレーシアで仮想通貨採掘機材の盗難事件が頻発 2018年03月08日
熊本県の新電力会社・熊本電力が仮想通貨採掘に参入、余剰電力を活用 2018年02月23日
アイスランドでは仮想通貨採掘に消費される電力量が家庭の消費量を超える見込みに 2018年02月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードノルウェー水力発電スウェーデン仮想通貨

「ITソリューション」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース