スシロー、赤酢を使った「赤シャリ」で全商品を提供 22日まで期間限定で

2018年4月12日 07:11

小

中

大

印刷

「天然本鮪赤身」(写真:あきんどスシローの発表資料より)

「天然本鮪赤身」(写真:あきんどスシローの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「メカジキ(羽田市場)」(写真:あきんどスシローの発表資料より)
  • 「びん長鮪昆布〆」(写真:あきんどスシローの発表資料より)
  • 「チーズアイス クッキー&ブルーベリー」(写真:あきんどスシローの発表資料より)

■全商品を「赤シャリ」を使い期間限定で提供

 あきんどスシローは、4月12日から22日までの期間限定で、赤酢を使った「赤シャリ」により全てのすし商品を提供する。大手回転すしチェーンでは初の試みという。酒粕を熟成させてつくる「赤酢」を使ったほんのり赤いシャリは、すっきりした味で、ネタ本来の味を際立たせる。

【こちらも】スシロー、“街角の屋台”イメージした「回らない」店舗 横浜にオープン

■「赤酢」とは

 寿司は、元々、東南アジアで発祥した、淡水魚を発酵させた食べ物が日本に伝わり誕生したと言われる。鮒(ふな)寿司が有名で、日本の寿司のルーツとも言われる。その後、江戸時代初期~中期に発酵食品から酢を使った「早ずし」へと移り変わる中で、江戸後期に考え出されたものが握り寿司だ。これは、江戸で広まったと言われる。

 そんな江戸時代の寿司のシャリは、日本酒の製造工程から捻出された酒粕から造った酒粕酢を使ったものが主だったという。

 今回スシローが完成させた「スシローの赤酢」は、江戸時代同様に、日本酒の製造工程から生まれる酒粕を使ったもの。自然な環境で酒粕をじっくりと時間をかけて熟成させてから醸造し、酒粕酢を作る。そこにさらに、旨味、塩味、甘みを加え、スシロー独自のブレンドに仕上げて完成させた。

 熟成した酒粕を原料に使うことで、しっかりと濃くと旨味のある味とし、また、ネタの旨味も感じられるようにしている。

■BAKEとコラボしたデザートを期間限定発売

 また、スシローでは12日より、「スシローカフェ部」の新商品として、BAKEとコラボした「チーズアイス クッキー&ブルーベリー(280円)」を期間限定で販売する。焼きたいチーズタルト専門店などを展開する「BAKE」が監修した、スシロー初のチーズデザートだ。クッキー生地の食感で、ほんのりとしたチーズの味わい。コクがあり滑らかなアイス、ブルーベリーの爽やかな酸味で、これから暖かくなる季節にぴったりあいそうだ。

 「スシローカフェ部」は、スイーツ、ドリンク分野に力を入れるため、2017年11月に発足した事業だ。(さゆり)

関連キーワードコラボレーションスシロー

「グルメ・食品」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース