macOS 10.13.4、DisplayLink接続のディスプレイなどで不具合

2018年4月7日 09:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Appleは4月1日に「macOS High Sierra 10.13.4」を配布し始めたばかりだが、思わぬ問題が出ているようだ。macOS 10.13.4は、Thunderbolt 3ポートのあるMacで外付けグラフィックスカード(eGPU)が使えるようになったのが特徴。

 DisplayLink社によると、DisplayLinkドライバv4.1がインストールされた状態でOSのアップグレードを行うと、DisplayLink接続のディスプレイが空白になるという。イーサネットやオーディオなどの機能は影響を受けないとしている。この問題はすでにAppleに報告済みだとしている。

 またMac Rumorsも、iPadをサブディスプレイとして利用できるアプリケーション「Duet Display」の利用者は、10.13.4にアップデートしないよう警告している。これによると、Duetクライアントアプリケーションがハングアップしてしまうという。こちらも問題はAppleに報告済みだとしている(DisplayLinkMac RumorsSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | MacOSX | バグ | アップル

 関連ストーリー:
Appleが早ければ2020年にもMacのCPUを自社設計に切り替えるとの報道 2018年04月05日
macOS High Sierraで外部APFS暗号化ボリュームのパスワードが平文でログに記録される問題 2018年03月31日
macOSやiOSで特定のUnicode文字列を表示させようとするとクラッシュする問題が確認される 2018年02月19日
17行のCコードでシステム全体をフリーズさせられる不具合がmacOS High Sierraで確認 2018年01月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPadMac

広告

広告

写真で見るニュース

  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • シャポー市川リニューアルのイメージ(JR東日本都市開発発表資料より)
  • 「Audi City紀尾井町」の店内の様子。(画像: アウディ ジャパンの発表資料より)
  • 愛犬専用トイレ(画像: 関西エアポートの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース