スタバ、イチゴ溢れる「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」発売

2018年4月6日 22:22

小

中

大

印刷

「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」(写真:スターバックス コーヒー ジャパンの発表資料より)

「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」(写真:スターバックス コーヒー ジャパンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 スターバックス コーヒー ジャパンは、「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」を4月12日より販売する。

【こちらも】スタバ、昨夏の人気商品「コールドブリューコーヒー」販売 新メニューも

■ベースからトッピングパウダーまですべてがイチゴに

 「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」は「全身イチゴ」を謳う、イチゴがもつあらゆる美味しさをつめこんだフラペチーノ。ベース、ソース、ホイップクリーム、パウダーなどすべてにイチゴを使っている。イチゴは年間通して人気のフレーバーだが、ベースからパウダーまですべてにイチゴを使うことで、特別なご褒美感を醸し出す。

 その全貌は、まずベースにはミルクを使わず、イチゴのフレーバーを強調。更には果実感が楽しめる、生のイチゴもプラスしている。甘酸っぱいストロベリーホイップのトッピングには、クリーミーな味わいのストロベリーパウダーをオン。まさにイチゴづくしの贅沢さを味わえる。

■スターバックス初のビニールハウス店舗も登場

 「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」の発売に合わせ、「スターバックス コーヒー イチゴビニールハウス店」もオープン。これはスターバックス初の、ビニールハウス店舗となる。

 設置場所は代官山 T-SITE内特設エリアで、4月12日~4月15日の4日間のみの期間限定オープン。店内はイチゴ農園のようなイチゴのレーンが並び、正面のバーカウンターの壁面にはイチゴウォールが。イチゴウォールには大量のイチゴが飾られ、チョークアートアーティストの作品も飾られる。

■スターバックス史上最高の「イチゴ過ぎる、イチゴ感」とは

 「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」のイチゴフレーバーが醸し出す「イチゴ感」は、スターバックス史上最高のものとしており、『イチゴ過ぎる、イチゴ感』として、本物のイチゴを食べる以上の食感を作り出す。

 ビニールハウス店はSNSでの情報拡散も見込み、4月12日~4月14日の間はフォトスポットとしてのみオープン。「ストロベリーベリーマッチフラペチーノ」の発売は4月15日からとなる。イチゴのジューシーさ、甘酸っぱさを存分に楽しめる商品として、期待できそうだ。(記事:stellarlight・記事一覧を見る

関連キーワードスターバックス

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース