有隣堂が東京ミッドタウン日比谷に複合ショップの新業態出店

2018年3月30日 21:53

小

中

大

印刷

 有隣堂は29日、東京ミッドタウン日比谷に新業態店舗「HIBIYA CENTRAL MARKET」を出店した。

【こちらも】大塚家具がブランド専門店「ポルトローナ・フラウ東京青山」を開店

■どこか懐かしい、複合型の新業態店舗

 「HIBIYA CENTRAL MARKET」(ヒビヤ セントラル マーケット)は、日本初のアーケード型複合ショップ。高感度なショップを手がけるクリエイティブディレクターである、南貴之氏がプロデュースする。市場や路地を想起させる複合型のショップは、小さな街を思わせる作りだ。

 スペース内には小売店、理髪店、バル、カフェなど、9店舗が配置されている。中には利用する人が郷愁や親近感を覚える、昭和風なインテリアに仕上げた店舗も。どこか懐かしい雰囲気を持ったショップ群は、市場のような佇まいを感じさせる。

■レトロ感と未来感を組み合わせた雰囲気

 「HIBIYA CENTRAL MARKET」はその回遊性も魅力だが、レトロ感と未来感がミックスされた雰囲気にも注目したい。昭和風な理容店があるかと思えば、洗練されたインテリアの雑貨店もあり、情報感度の高い層が関心を持つことは必至だろう。

 書店である有隣堂が出店しているショップだが、あえて書店であることを強調していない構成。主な対象顧客は、東京ミッドタウン日比谷にて働くオフィスワーカーやクリエイティブワーカーである。そうした層がショップ群を回遊し、ゆとりある時間を過ごせるよう設計されている。

■書店・飲食・物販がミックスされたショップ群

 有隣堂は「HIBIYA CENTRAL MARKET」の中の「Library」に、本と雑貨等をミックスしたショップを展開。雑貨や服、ビンテージ家具は世界中から集められたもので、海外の博物館や図書館をイメージした大きな棚も印象的に使われている。

 インバウンド消費も見込み、気楽に食事と酒を楽しめる「一角」のような居酒屋も設置。飲食できる店としては、最近人気の自然派ワインが楽しめる、「Natural Wine Stand HAYASAKA」も選べる。カフェは熊本を拠点とする自家焙煎コーヒーショップ、「AND COFFEE ROASTERS」も出店。一杯ずつハンドドリップで提供され、コーヒーにこだわりを持つ層を引き寄せそうだ。

 他には、ギャラリーとショップが融合したようなコンセプトの「Graphpaper」も目新しい。オープニング企画として建築家ジャン・プルーヴェ展を開く、不定期でイベントを開催する「Tent Gallery」も気になる存在だ。このようにアーティスティックなイメージもプラスされることで、クリエイティブな人々をも引き寄せるスペースとなることだろう。(記事:stellarlight・記事一覧を見る

関連キーワード東京ミッドタウン東京ミッドタウン日比谷

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース