アサヒグループ食品、乳幼児向け商品3種類を自主回収

2018年3月7日 11:55

小

中

大

印刷

「レーベンスミルク はいはい スティックパック」(画像: アサヒグループ食品の発表資料より)

「レーベンスミルク はいはい スティックパック」(画像: アサヒグループ食品の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「フォローアップミルク ぐんぐん スティックパック」

 アサヒグループ食品とアサヒグループホールディングスは6日、アサヒグループ食品が販売している乳幼児向け商品「レーベンスミルク はいはい スティック パック」等3種類の商品について、品質保持のための窒素ガス封入が不十分で、スティック内の酸素が十分低下していないものがあることが判明したため、お詫びするとともに、自主回収すると発表した。

 対象商品については、健康に影響を及ぼすことはないものの、酸化により風味が損なわれやすくなり、賞味期限の確保が難しいとされている。

 対象商品は、「レーベンスミルク はいはい スティック パック」(10本入り)、「レーベンスミルク はいはい 試供品」(スティック8本入り)、「フォローアップミルク ぐんぐん スティックパック」(10本入り)の3種類の商品。いずれも賞味期限は、2019年7月~8月となっている。対象商品の数は、それぞれ1万4,136個、1,824個、2万9,306個である。

 缶タイプの商品や2本入りの商品は自主回収の対象ではない。

 自主回収の対象となった商品は、品質保持のため、窒素ガス置換包装を行っている。スティック内に空気中の酸素が多く残っていると、商品に含まれる油脂が酸化され、風味が損なわれやすくなる。そのため、これらの商品では、窒素ガスを封入することで、スティック内の酸素を減らしている。

 アサヒグループ食品では、商品を購入した顧客に対し、手元に商品がある場合、使用を控え、「ヤマト引取便」を利用するか、ヤマト運輸の着払い「宅急便」で送付するよう、お願いしている。「ヤマト引取便」利用の場合は、専用ダイヤル0120-016-082に連絡、また、直接送付する場合は、〒144-0042 東京都大田区羽田旭町11-1 ヤマト運輸株式会社 南東京法人営業支店気付となっている。(記事:南条 誠・記事一覧を見る

関連キーワード乳幼児

広告

広告

写真で見るニュース

  • マークX特別仕様車 250S
  • 1992年までわんぱくランドで稼働した「お城観覧車」(バンダイナムコアミューズメント発表資料より)
  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
 

広告

ピックアップ 注目ニュース