軽さと強さ兼ね備えた自転車ロック「タイガーロックミニ」

2018年3月6日 18:39

小

中

大

印刷

「TiGr Lock (タイガーロック)」(画像: アドベンチャーエイドの発表資料より)

「TiGr Lock (タイガーロック)」(画像: アドベンチャーエイドの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 使用イメージ。

 これまでの自転車用ロックはセキュリティ性能が高いほど重いというのが定説だった。今回、その常識を木っ端みじんに打ち破る商品が日本に上陸する。国内のベンチャー企業「アドベンチャーエイド」はアメリカのクラウドファンディングサイト「Kicksterter(キックスターター)」で目標金額288%を達成したチタン合金製自転車鍵「 TiGr Lock Mini(タイガーロックミニ)」の取り扱いを開始する。

【こちらも】メルカリ、自転車シェア「メルチャリ」開始 第一弾は福岡市で

 この自転車ロックは他の商品と一体何が違うのか?耐久性が高くしなやかで丈夫なチタン合金製素材を使用することで、高い防犯性能を持ちながら重量わずか430gを実現。軽く、強く、コンパクトで扱いやすい自転車用ロックなのだ。特筆すべき点は「ロック時にカギをいちいち取り出す必要なし。シリンダー部を押し込むだけでロック完了」。ロック部にもシンプルな工夫が施されている。もちろん、ポールやガードレールなどに地球ロックも可能だ。正規代理店10年保証&永久修理という保証も付いている。

 デザイン性も重視しており、ロードバイクなどの美しいスポーツバイクに似合ったシンプルで美しいフォルムである。さらに本体にはPVCクリアコーティングが施しており、自転車のフレームに傷がつかないようにも配慮。長年、タイガーロックミニとシリンダーの製造に携わるアメリカの工房で職人が1点1点手作業で製造。

 セキュリティ性能と軽さ、扱いやすさを高次元で実現した自転車用ロック。それがTiGr Lock mini(タイガーロックミニ)だ。自転車が趣味という方にはぜひとも愛用してもらいたい逸品だ。(記事:久保圭大郎・記事一覧を見る

関連キーワードセキュリティクラウドファンディング

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース