アウディ、アッパーミドルセダン「A6」が新型にスイッチして欧州デビュー

2018年3月5日 16:32

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

長いボンネットとロングホイールベース、短いオーバーハング、前後フェンダーのキャラクターラインがもたらす、非常にバランスの取れたプロポーションとなった新型アウディA6

長いボンネットとロングホイールベース、短いオーバーハング、前後フェンダーのキャラクターラインがもたらす、非常にバランスの取れたプロポーションとなった新型アウディA6[写真拡大]

写真の拡大

 アウディは、欧州市場に向けて8世代目となるアッパーミドルセダン、新型Audi A6 を発表した。エレガントな造形の新型Audi A6 は、デジタル化、快適性、スポーツ性の面で多彩な装備を誇るラグジュアリーセダンだ。

【こちらも】アウディ「A8」が世界初のレベル3自動運転を搭載 その仕組みは?

 すべての搭載エンジンには、マイルドハイブリッド(MHEV)テクノロジーシステムが標準で搭載され、機能性と効率が高まっている。

 新型に搭載したフルデジタルのMMI タッチレスポンス操作システムは、直感的な操作が可能。広範囲なコネクティビティ及びアシスタンスシステムによって、インテリジェントなネットワーク化が実現している。

 新型A6 に搭載されるすべてのエンジンには、アウディの新しいMHEV テクノロジーが組み込まれた。このシステムは、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)とリチウムイオン電池から構成され、55~160km/hの間で、コースティング(惰性走行)を行なう。

 スタート/ストップ機能は、22km/h 以下で作動し、エンジンは停止状態から発進を予期すると自動的に始動。減速時には、BAS が最大12kW のエネルギーを回生する。MHEV テクノロジーにより、実際の走行において100km走行あたり最大0.7リッターの燃料消費が削減されるという。

 欧州市場に当面供給するモデルのエンジンは2種類だ。ガソリンユニットは、3.0 TFSIで、このターボチャージャー付きV6 エンジンは、最高出力250kW(340hp)、最大トルク500Nmを発揮する。このエンジンを搭載した新型Audi A6 の0~100km/h 加速は5.1 秒、最高速度は250km/h(電子リミッター作動)となる。

 いっぽう、210kW(286hp)の最高出力を発生する3.0 TDIも、同等のパフォーマンスを発揮する。最大トルクは620Nm に達する。

 新型A6 のハンドリングは、先代モデルよりもさらにスポーティになった。これは、四輪操舵システム「ダイナミック オールステアリングホイール」を備えた革新的なサスペンションによって達成される。標準でもスポーティなプログレッシブステアリングの設定は、ステアリングを切るにつれてダイレクトなレシオに変化し、路面からの明確で繊細な情報をドライバーに伝える。

 新型A6 は、市街地では容易な取り回しを、ワインディングロードでは俊敏な走りを、高速道路では優れた快適性を提供する。

 新型アウディA6は、本国のドイツで本年6月から販売が開始される予定。ベース車両の価格は5万8050ユーロからとなる。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
メルセデス、4世代目となる新型Aクラス(W177)、アムステルダムで公開
アウディジャパン、「A1 Sportback Pianissimo Edition」を限定発売
輸入車販売も好調だった2017年国内新車販売、トップはメルセデス・ベンツ
フォーミュラE 香港緒戦・第2戦は波乱、第3戦の暑いマラケシュ戦に注目
アウディ、コンパクトSUV「Q2」に特別仕様車発表、国内150台の限定

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAudi

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース