東京為替:ドル・円は弱含み、米株安観測で円買い優勢

2018年2月13日 14:13

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:13JST 東京為替:ドル・円は弱含み、米株安観測で円買い優勢

 13日午後の東京市場でドル・円は弱含み、一時108円27銭まで値を切り下げた。米株式先物の軟調地合いで今晩の米株安が警戒され、リスク回避的な円買いが強まったようだ。クロス円の下げが顕著となり、ドル・円の押し下げにつながっているもよう。ユーロ・円も133円17銭まで下落している。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円27銭から108円78銭。ユーロ・円は133円17銭から133円79銭、ユーロ・ドルは1.2285ドルから1.2307ドルで推移。《KK》

「外国為替」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース