梅田・阪急三番街に飲食エリア「ウメダフードホール」登場

2018年2月13日 14:08

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 梅田・阪急三番街の新しい飲食エリア「ウメダフードホール(UMEDA FOOD HALL)」が、2018年3月28日(水)にオープンする。

 「ウメダフードホール」は、セルフサービスの気軽なスタイルで、上質な食体験を味わえる洗練された空間だ。フロアには、シーンに合わせて楽しめる5つの「食」のゾーンに18店舗を用意した。その中の、11店舗が全国初出店・関西初出店。それぞれコンセプトや内装が異なる個性豊かなゾーンで、サクッと手軽な食事から、カフェ、ディナーまで利用出来る。

 「バルゾーン」はモダンな空間で、お酒と食事が楽しめるゾーン。出汁で丁寧に煮込んだ”煮込みフレンチ"と自然派ワインのマリアージュが魅力の「ラグー(ragout)」や、フォトジェニックな寿司が味わえる「大阪梅田 花火寿司」などが出店する。「美食ゾーン」は、見た目も味も美しい料理で、女性の心を満たしてくれる。中でも、「アンドコーヒーメゾンカイザー(&COFFEE MAISON KAYSER)」は、クロワッサンとコーヒーが自慢の人気店の関西初店舗だ。

 「お手軽ゾーン」は、昼食から夕食まで、ささっと食事を済ますのに便利な定番メニューを提供する。本場の讃岐うどんを販売する「宮武讃岐うどん」などがライナップ。「スタミナフードゾーン」は、その名の通り、がっつり食べたい人におすすめだ。ジューシーなミソカツやボリューム満点なステーキを展開する。そして、「スイーツゾーン」食後やカフェにとっておきだ。

【詳細】
ウメダフードホール
オープン日:2018年3月28日(水)
場所:阪急三番街
住所:大阪市北区芝田1-1-3
営業時間:10:00~23:00 ※店舗により営業時間は異なる。
店舗数:18店舗

■店舗例

・ バルゾーン 
鳥焼き・蕎麦・おでん 一重(関西初)、天丼・天串・串カツ  いしのや(関西初)、ニューヨーク デリ スタイル(全国初)、大阪梅田 花火寿司(全国初)、ラグー(全国初)
・美食ゾーン
 Re:Ent楽韓堂(全国初)、イタリアンダイニング ペスカ、アンドコーヒーメゾンカイザー(関西初)、バーンサイドストリートカフェ(梅田初)、果香×ツル商店(全国初)、お米料理 リゾット☆スター(全国初)
・お手軽ゾーン 
 宮武讃岐うどん(関西初)、大阪・堂島とろ家、正式担担麺美食庁 四川辣麺
・スタミナフードゾーン 
  名古屋名物 みそかつ 矢場とん(梅田初)、麺や マルショウ、1ポンドのステーキハンバーグタケル(梅田初)
  ・スイーツゾーン
  ヨーキーズクレープリー/シュクレフ

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード梅田(大阪府)メゾンカイザー阪急三番街

「グルメ・食品」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース