経済 RSS

 

都市部にホテル開業増加、供給過剰懸念の声

2018年2月9日 22:40

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

都市部では外国人観光客の増加を受けてのホテル開業ラッシュが続いている。しかし、ホテル開業が続けばその分供給過剰となり既存の民泊やカプセルホテルなどとの競合となる可能性も高い。

都市部では外国人観光客の増加を受けてのホテル開業ラッシュが続いている。しかし、ホテル開業が続けばその分供給過剰となり既存の民泊やカプセルホテルなどとの競合となる可能性も高い。[写真拡大]

写真の拡大

 都市部では現在ホテルの開業ラッシュが続いている。日本を訪れる外国人観光客、いわゆるインバウンドの増加による需要が高まり、それを受けてのホテル開業ラッシュだ。外国から訪れる観光客は2020年の東京オリンピックを見据え増加傾向にある。ホテルを開発する側はこの機会をビジネスチャンスととらえているという点もこのホテル増加に関係しているといえるだろう。

【こちらも】相次ぐホテル建設も狙いは一様ではない

 外国から訪れる観光客は、東京や大阪などの都市部を中心に多く滞在する。ホテル開発計画が都市部に集中しているのもその理由からである。ホテルの開発は主に2020年の東京オリンピックにあわせて開業することをひとつの目処としている場合が多い。大阪の場合で考えると、ホテルの計画が集中しているのは淀屋橋や本町周辺のいわゆる「オフィス街」である。このあたりのエリアにおける大きな特徴、それはミナミなどの繁華街に足を伸ばしやすいという点にある。繁華街の中心部にホテルを開業するよりは土地代なども安く、それでいて一定のニーズも見込めるという点が大きなポイントとなっている。

 ホテル開業のラッシュは東京も同じである。多くの外国人観光客が訪れる東京の銀座では外資系のホテル進出が相次いでいる。米ホテル大手のマリオット・インターナショナルが高級ホテルの開業を進めている他、米スターウッドホテル&リゾートも銀座でのホテル開発の事業を進めている。いずれもターゲットは海外から日本を訪れる観光客だが、銀座というエリアに開業する目的はその土地のブランド力を高めることにあるという。それがひいては日本そのものの価値を高めることにつながるというのが開発側のテーマとなっている。

 このように、ホテル開業ラッシュに湧く都市部だが、全く懸念材料がないというわけではない。たとえばここまでホテルの開業が集中すれば当然ながら懸念の声としてあがってくるのが「供給過剰」のよる問題である。需要に対して供給が増えてくれば価格競争が高じて必要なサービスの提供が受けられない可能性が高くなる。

 また、民泊やカプセルホテルなどといった割安の宿泊施設への影響も少なくない。これらの宿泊施設の特徴は、通常のホテルに比べて割安で宿泊できるという点にあるが、こうした施設が人気だったのはホテル不足という背景もある。ホテルの開業が続けば民泊やカプセルホテルなどといった宿泊施設は高級ホテルと競合することとなる。結果的に宿泊客を取り合うといった形になる可能性もあり、ホテルの健全な運営の支障につながるのではないかとの見方も強い。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
訪日客、2800万人突破、消費額4兆円突破。前年比17.8%
建設業の人手不足深刻に、建設技術者、今後10年間で6.7万人減少
インバウンド(訪日客引込)予算、東北5県がトップ10入り
多様化する決済方法のニーズと動向 2020年に向けたキャッシュレス社会の到来
訪日中国人が、中国より日本の方がダントツに高いと感じるサービスとは?

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードインバウンド銀座東京オリンピックホテル民泊

「経済一般」の写真ニュース

経済の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_economy

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース