【銘柄フラッシュ】クリエイトなどストップ高となりゴールドウインは好業績に株式分割が加わり急伸

2018年2月7日 17:04

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 7日は、ゴールドウイン<8111>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、6日に第3四半期決算と通期業績見通しの増額、株式2分割を発表し、20.4%高となって約1週間ぶりに上場来の高値を更新。

 2位は西尾レントオール<9699>(東1)の18.3%高となり、6日発表の第1四半期決算が好感され急反発。

 3位は能美防災<6744>(東1)の15.4%高となり、14時に第3四半期決算を発表した後に一段高。

 スガイ化学工業<4120>(東2)は6日発表の第3四半期決算が前年同期比で完全黒字化したことなどが言われて19.1%高。パシフィックネット<3021>(東2)は卓越した実績のサイバーセキュリティ製品の取り扱い開始などが好感されてストップ高の17.3%高。

 ALBERT<3906>(東マ)はIA(人工知能)によるビッグデータ解析などを行い、今朝、「政府は生産性向上特別措置法案(仮称)を通常国会に提出する。同法に基づいて(中略)ビッグデータを集める「データバンク」に認定されると(中略)減税を受けられる」(日本経済新聞2月6日付朝刊)などと伝えられたことが材料との見方があり18.8%高。

 クリエイト<3024>(JQS)は四半期業績の大幅増益に加え、このところの記録的な豪雪により水道管の凍結増加などに思惑が働くとされて2日連続ストップ高の21.4%高。テクニカル電子<6716>(JQS)は6日発表の四半期決算の大幅増益などが好感されてストップ高の19.7%高となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【新春注目銘柄】竹内製作所はトランプ減税策のメリット関連株は第3四半期決算発表に先取り買い妙味(2018/01/02)
株は世に連れ、世は株に連れ=犬丸正寛の相場格言(2018/01/01)
【特集】戌(いぬ)年相場は4勝1敗、「戌(いぬ)は笑い、亥(い)固まる」でいい年に(2018/01/01)
【注目銘柄】マルゼンは高値圏モミ合いから上放れ、18年2月期予想は増額の可能性(2017/12/31)
【注目銘柄】アドベンチャーは調整一巡して上値試す、18年6月期大幅増収増益予想(2017/12/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース