【銘柄フラッシュ】アイスタディなど急伸しトーカロは株式4分割が好感されて上場来の高値

2018年2月2日 07:12

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 2月1日は、東邦チタニウム<5727>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、業績見通しの増額修正などが好感されて19.6%高。

 2位はトーカロ<3433>(東1)の17.2%高となり、2月末の株主の保有株を4株に分割するとの発表などが好感されて上場来の高値を更新。

 3位はNDS<1956>(東1)の16.4%高となり、第3四半期の大幅増益などを好感。

 アイスタディ<2345>(東2)は12月決算が各利益とも大きく黒字に転換し、さらに今期の見通しも大幅増益としたため注目が集まりストップ高の25.0%高。平和紙業<9929>(東2)は「ニンテンドースイッチ」の楽しみ方拡張版の段ボール製組み立てキット「ニンテンドーラボ」にデザイン加工紙が使われているとの推測が出て3日連続ストップ高の21.2%高。

 ゼネラル・オイスター<3224>(東マ)はカキの陸上養殖に関する特許発表と伝わりストップ高の23.7%高。IGポート<3791>(JQS)は米Netflix(ネットフリックス)の日本法人との提携が好感されてストップ高の21.2%高。テクノホライゾン・ホールディングス<6629>(JQS)は業績見通し増額などが好感されてストップ高の20.3%高となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【2018年の注目テーマを探る】AIやIoTなどの先端技術が主役(2018/01/03)
【新春注目銘柄】ヒビノは隠れたeスポーツ関連株は大型映像システム開拓で底値買いも一考余地(2018/01/03)
【新春相場を占う】2018年の株式市場展望とリスク要因を探る(2018/01/02)
【新春注目銘柄】鳥居薬品は初のスギ花粉症舌下錠の国内製造販売承認取得を見直してシーズン・ストック株人気再燃(2018/01/02)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース