エド・シーランに迫る - 生い立ちやヒット曲が生まれた背景の紹介

2018年1月23日 10:51

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 エド・シーランは、英国を代表する人気ミュージシャン。2017年にリリースされたシングル曲「シェイプ・オブ・ユー(Shape of You)」の大ヒットによって、彼の音楽の虜になった人も多いはず。アコースティックギターを抱えた赤毛の青年は、その抜群な歌唱力と心に響くメロディで世界中を魅了し続けている。この記事では、そんなエド・シーランにクローズアップ。生い立ちから、ヒット曲が生まれた背景、甘く切ないラブソング特集など、エド・シーランの魅力をたっぷりとお届けする。

■エド・シーランの生い立ち~デビューまで

 エド・シーランの本名は、エドワード・クリストファー・シーラン(Edward Christopher Sheeran)。1991年に生まれ、イギリス東部に位置する自然豊かなサフォーク州フラムリンガムで育った。エド・シーランの家族は、芸術一家としても知られており、アートキュレーターの父は、アートスクールなどで講義を行う文化人、母はジュエリーデザイナー、2個上の兄マシューは、現在作曲家として活躍している。

 4歳の時から、近所の教会の聖歌隊に加入し、歌に触れ始めたエド・シーラン。ギターやピアノ等の楽器も早くから習得しただけでなく、父親は、あらゆるジャンルのミュージックライブに連れて行き、音楽に溢れた環境で成長していった。両親の仕事の関係で、ロンドンには頻繁に訪れており、その道中は、ボブ・ディランやエリック・クラプトンが流れていたという。

■路上生活をしたホームレスの時代も

 11歳から作曲を始めたエド・シーランは、16歳の時に音楽の道を決めてロンドンへ移住。スタジオや路上でライブを重ねたが、都会の高額な家賃を払えなかった当時、路上生活をすることに。知人の家や地下鉄、時には野外で夜を過ごさなければならない過酷な生活を送っていた。そんな状況の中でも、地道にファンを増やしていったエド・シーランは、2009年には年間300以上ものライブ活動を行う。2011年に遂にメジャーレーベルと契約し、デビューシングル「Aチーム~飛べない天使たち~」をリリース。発売と共に、一躍旋風を巻き起こし、全英3位の記録を叩き出した。

■ホームレスから"世界で最も売れた男性ソロ・アーティスト"へ

 その後、デビューシングル発売と同年に、ファースト・アルバム『+(プラス)』をリリースしたエド・シーラン。英国のみならず、北米や日本でも大ヒットを記録した。2014年に発売されたセカンド・アルバム『x(マルティプライ)』では、"世界で最も多くのセールスを記録した男性ソロ・アーティスト"の称号を獲得し、グラミー賞主要部門も受賞している。2017年の最新アルバム『÷(ディバイド)』は、あらゆる音楽サイトで、"最も再生されたアルバム"としてロングセールスを記録し、トップの座を独走した。

■エド・シーランの音楽 - バラードからポップス、高速ラップまで

 アコースティックギターから紡がれるエド・シーランの音楽は、叙情的なメロディばかりではない。セカンドシングルとなる「ユー・ニードゥ・ミー・アイ・ドント・ニードゥ・ユー(You Need Me I Don't Need You)」では高速ラップを披露し、R&Bやソウルミュージックの要素を含んだフォーキーなポップスも数々披露。

 また、数々の著名アーティストともコラボレーションの実現を果たしている。その中にはテイラー・スウィフトや、エミネム、ジャスティン・ビーバーといった豪華な顔ぶれも。

■出会った女性との思い出も、エド・シーランの曲に

 そんな彼の多くの歌詞は、自身の個人的な経験を題材を元にしていると云われており、しばしば家族や友人、元恋人についても赤裸々なストーリーが綴られている。

 美しいメロディとは対照的に、薬物中毒の女性を歌ったショッキングな内容のデビュー曲「Aチーム~飛べない天使たち~(The A Team)」も、そのうちのひとつ。エド・シーランが路上生活をしていた際に、ホームレスシェルターで出会った女性を元に作成したものだという。

 また、子供を亡くしてしまった友人の悲しみを歌にした「スモール・バンプ(Small Bump)」や、エド・シーランの祖父母の死を元に歌詞が書かれた「アファイア・ラヴ(Afire Love)」「スーパーマーケット・フラワーズ(Supermarket Flowers)」など、彼の身近で起きた不幸な出来事から、愛や記憶の大切さを歌う曲も残されている。

■甘く切ないラブソング特集 - 隠れた名曲も

 エド・シーランの名前を彼のラブソングを聞いて知ったという人も多いはず。アコースティックギターの優しく切ないメロディに乗せた甘い歌声は、世界中の人々を魅了し、数々の賞を獲得してきた。歴代のアルバムの中から、そんなエド・シーランの特におすすめしたいラブソングをラインナップ。大ヒット曲から隠れた名曲まで一挙紹介する。

■「シンキング・アウト・ラウド (Thinking Out Loud)」

 エド・シーランを代表するラブソングともいえる「シンキング・アウト・ラウド(Thinking Out Loud)」は、海外の結婚式のBGMでは定番の1曲。永遠の愛を歌う甘いラブソングは、世界中から世代を超えて愛されている。映画『ブリジット・ジョーンズの日記』でも使用されたこの曲、実は劇中にエド・シーラン本人も出演し、ステージでギターを披露している。収録アルバム情報:『x(マルティプライ)』

■「フォトグラフ(Photograph)」

 映画『世界一キライなあなたに』の挿入曲としても話題となった「フォトグラフ(Photograph)」は、アコースティックギターの柔らかな音色と共にエド・シーランの繊細で優しい歌声に浸れる1曲。劇中では、恋に落ちていく男女のカットで使用され、ロマンチックなムードをさらに盛り上げた。また、「フォトグラフ」のミュージックビデオに出てくる可愛らしい赤ちゃんは、エド・シーラン本人としても知られている。繋ぎ合わせた"フォトグラフ"によって、大人になるまでの成長過程を映し出す。収録アルバム情報:『x(マルティプライ)』

■「パーフェクト(Perfect)」

 恋人への愛を歌ったバラード「パーフェクト(Perfect)」は、アルバム『÷(ディバイド)』に収録されるや否や、世界中で話題沸騰となった1曲。歌姫ビヨンセと実現したコラボレーション曲では、オリジナルバージョンとは一味違う、深く壮大なラブソングに。ラストパートでは、2人の美しいハーモニーを聴くことが出来る。収録アルバム情報:『÷(ディバイド)』

■「ナンシー・マリガン(Nancy Mulligan)」

 民族調なメロディと共に歌われる「ナンシー・マリガン(Nancy Mulligan)」は、隠れた名ラブソングとしてお勧めしたい1曲。タイトルの「ナンシー・マリガン」とは、エド・シーランの祖母の名前で、第2次世界大戦中"ナンシー"に出会った祖父の目線から歌詞が綴られる。恋に落ちた2人は、宗教が違うことから周囲に反対され、駆け落ちをすることに。そんなドラマチックな大恋愛を"孫"であるエド・シーランが、優しい声で歌い上げる。収録アルバム情報:『÷(ディバイド)』

■【詳細】

 エド・シーランまとめ<アルバム情報>ファースト・アルバム『+(プラス)』セカンド・アルバム『x(マルティプライ)』サード・アルバム『÷(ディバイド)』

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションイギリスブリジット・ジョーンズの日記グラミー賞ジャスティン・ビーバーエド・シーランテイラー・スウィフトロンドン

「洋楽」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース