日本がウズベキスタンに0-4で完敗、男子サッカーAFC U-23選手権

2018年1月20日 20:59

小

中

大

印刷

 19日、中国・江陰で男子サッカーのAFC U-23選手権決勝トーナメント準々決勝が行われ、日本はウズベキスタンと対戦、0-4と完敗した。前半30分過ぎから8分間での3失点、さらに後半開始直後にも追加点を奪われ、挽回するには大量過ぎる失点となってしまった。森保ジャパンは、アジア勢を相手に屈辱的な大敗で大会を去ることになった。

 試合開始から自陣でボールを繋ぐ日本に対して、ウズベキスタンは前からプレスをかけ続けると日本はミスを連発、自陣から前にボールを運べない。前半31分、ウズベキスタンはCKからのルーズボールをアシュルマトフが後ろに落とすと、シディコフがダイレクトシュートしゴール隅に決まる。

 前半34分、ウズベキスタンはハムダモフがPA内でDFにプレスをかけるボールを奪うと、GKとの1対1を冷静なシュートで追加点を挙げる。前半39分、ウズベキスタンはガニエフからの大きく右に出されたボールをヤフシボエフがPA右で受け、そのままDFをかわしてのシュートが決まる。

 後半開始から日本は選手を2名交代し、挽回を図ろうとする。だが後半2分、ウズベキスタンは自陣からDFの裏へロングボールをヤフシボエフがPA内で受け、そのままDFをかわしてのシュートが再び決まる。この後、ウズベキスタンは体力を消耗しないよう守備を中心にしたゲームを展開し、日本はこれを破ることができなかった。

関連キーワードサッカー

「アニメ・マンガ・特撮」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース