TDKが高値に顔合わせ、「全固体電池」関連銘柄としての注目再燃の様子

2018年1月12日 09:27

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■リチウムイオン2次電池に用いるコバルトが世界的に不足と伝えられ連想

 TDK<6762>(東1)は12日、再び出直りを強めて始まり、取引開始後に9910円(190円高)まで上げて1月9日につけた2015年以来の高値に顔合わせとなった。次世代のEV(電気自動車)用電池として注目される全固体電池の開発にかかわる銘柄と位置づけられており、現在主流のリチウムイオン2次電池に用いられる希少素材コバルトが世界的に不足しつつあると伝えられたことも連想材料になった都の見方がで出ている。

 「コバルト、EV普及の壁」「急な増産できず」「スポット価格は2年前の3倍以上に」(1月12日付日本経済新聞朝刊)などと伝えられた。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【新春注目銘柄】ヒビノは隠れたeスポーツ関連株は大型映像システム開拓で底値買いも一考余地(2018/01/03)
【新春相場を占う】2018年の株式市場展望とリスク要因を探る(2018/01/02)
【新春注目銘柄】鳥居薬品は初のスギ花粉症舌下錠の国内製造販売承認取得を見直してシーズン・ストック株人気再燃(2018/01/02)
【新春注目銘柄】エンバイオHDは中国の環境規制で恩恵受ける、上場来高値奪回から一段高へ(2018/01/02)
【新春相場展望】2018年前半は上値追いに慎重、お盆を目安に上昇トレンドへ=長島和弘(2018/01/02)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース