米国防省、ドローンを輸送機で作戦区域まで運搬し展開するシステム開発中

2018年1月10日 15:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米国防総省の研究機関であるDARPAが、輸送機にドローンを多数搭載して作戦区域まで飛行し、到着後に自動でドローンを展開、任務の完了後に自動でドローンを回収して帰還するというシステムのテストを2019年にも行うそうだ(GIGAZINEDARPA)。

 この計画は「Gremlins」と呼ばれており、低コスト・再利用可能・無人というのが特徴だという。現在この計画は第1段階が終了するところで、その後システムコンポーネントの評価テストを行う第2段階に入るという。

 ドローンの輸送にはC-130輸送機をベースとしたものを使用するとのこと。使用するドローンは最終的に1機あたり50万ドル以下になるとのことで、また20回ほどの再利用を想定しているという。これにより、高価な航空機をこのドローンに置き換えることを目指しているようだ。

 スラドのコメントを読む | 軍事 | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
ロッキード・マーティン、出力60kWのレーザー兵器を米陸軍に納入 2017年03月29日
数百ドルのドローン兵器撃墜に340万ドルのミサイルを使った米軍 2017年03月22日
ISISがドローン爆弾を導入 2016年10月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドローン

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース