東京為替:ドル・円は動意薄、引き続きアジア株にらみ

2018年1月3日 13:55

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:55JST 東京為替:ドル・円は動意薄、引き続きアジア株にらみ
3日午後の東京市場でのドル・円は112円30銭付近で動意の薄い展開が続いている。上海総合指数などアジア株のプラス圏推移でリスク選好的な円売りが継続。一方、米株式先物はプラス圏で推移しているが、米10年債利回りは2.461%の低水準で、ドルは売り買いともに仕掛けづらいもよう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円17銭から112円36銭、ユーロ・円は135円28銭から135円51銭、ユーロ・ドルは1.2043ドルから1.2067ドルで推移した。《MK》

「外国為替」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース