総務省、宇宙利用の将来像に関するアイデアを募集

2018年1月1日 15:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

AC0x01 曰く、 総務省は26日、同省が近く「宇宙利用の将来像に関する懇話会」を立ち上げる方針であり、そのために宇宙データの利活用や宇宙利用の将来像に関するアイデアを募集することを発表した(プレスリリース)。

 この懇話会では、宇宙利用において政府が目指すべき方向性や短期的及び長期的に取り組むべき方策について検討が行われるということで、募集要項では「①宇宙データの利活用による新サービス・産業等について」「②宇宙利用における長期的な将来像やその実現に向けた方策」の2項目でアイデアを求むとなっている。
挙げられている例では、①が割と具体的なのに比べて、②には宇宙エレベータや太陽系外探査なども記されており、どうも何でもありな様子である。

 応募はメールで受け付けており、締め切りは①が1月23日、②が2月27日。個人での応募も可能という事なので、冬休みの思索がてら応募してみるのもいいかもしれない。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | 宇宙 | 政府

 関連ストーリー:
Amazon.comやBlue Originの創業者ジェフ・ベゾス、NASAに月への「宅配」を提案 2017年03月07日
NASA、宇宙服を着たままで排泄物をうまく処理できるアイデアを募集中 2016年11月28日
月周回衛星の実験には免許が要る 2007年12月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース