積水化学、ゴミをガス化し微生物でエタノール化する技術を開発

2017年12月9日 18:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 積水化学工業が、ごみをガス化してそれを微生物によってエタノールに変換する技術を開発したと発表したITmedia)。

 エタノールは燃料として使うだけでなく、これを元にプラスチックなどの石油化学製品にすることもできるという。これにより、新たなゴミリサイクル経路が確立できるとしている。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー

 関連ストーリー:
二酸化炭素からエタノールを容易に生成する方法が発見される 2016年10月19日
日産、バイオエタノールを使用できる燃料電池を発表 2016年06月22日
世界初、エタノールを生成する人工光合成の開発に成功 2015年07月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード積水化学工業

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース