米探査機ボイジャー1号、37年ぶりにバックアップエンジンを作動

2017年12月7日 22:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 1977年に打ち上げられた無人宇宙探査機ボイジャー1号のエンジンが37年ぶりに起動された(AFPハザードラボ)。

 ボイジャー1号は太陽圏を抜け、現在は地球から約210億キロメートルの位置を飛行しているが、地球との通信を続けるためにはアンテナの向きの微調整が必要になったという。しかし、本来その調整を行うための姿勢制御システムは劣化し始めているため、バックアップエンジンを起動させて調整を行うことにしたそうだ。これによってボイジャー1号の寿命は2~3年延びたという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | NASA

 関連ストーリー:
NASA、宇宙探査機ボイジャーのメンテナンスのためFortran/アセンブリ言語を扱えるプログラマーを募集中 2015年11月04日
ボイジャー、太陽系外へ 2013年09月13日
さらば太陽圏 ! 銀河より愛を込めて !! ボイジャー 1 号 2010年12月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース