【株式市場】欧米ヘッジファンドの12月決算売りヤマ場とされ日経平均平均は一時375円安で6日続落

2017年11月15日 16:01

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

日経平均の終値は2万2028円32銭(351円69銭安)、TOPIXは1744.01ポイント(34.86ポイント安)、出来高概算(東証1部)は21億1592万株。

日経平均の終値は2万2028円32銭(351円69銭安)、TOPIXは1744.01ポイント(34.86ポイント安)、出来高概算(東証1部)は21億1592万株。[写真拡大]

写真の拡大

◆日経平均の終値は2万2028円32銭(351円69銭安)、TOPIXは1744.01ポイント(34.86ポイント安)、出来高概算(東証1部)は21億1592万株

■本日上場のCS.ランバートは公開価格の84%高で初値つける

 15日後場の東京株式市場は、12月決算を意識する欧米ヘッジファンドの損益確定について、ファンドにいたくしている顧客の解約申し込みは「45日前」まで、とされることを前提とすると、売りが出るのは今週がヤマ場とされ、様子見ムードが支配的な印象になった。ソニー<6758>(東1)は13時過ぎを下値に持ち直し、キヤノン<7751>(東1)は13時頃を境に下げ止まる動き。  日経平均も6日続落となったが13時前の375円22銭安(2万2004円79銭)を下値に一進一退となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経平均JQSDAQ平均も安い。

 後場は、リンナイ<5947>(東1)が三菱UFJモル・スタ証券による目標株価の引き上げなどを受けて一段と強含み、ソースネクスト<4344>(東1)は経産省のサイバー防衛対策などが材料視されて一段高。ゼット<8135>(東2)はスニーカー通勤拡大なら恩恵とされて一段高。ブライトパス・バイオ<4594>(東マ)は新薬への期待などが言われて大幅続伸。ヤマト・インダストリー<7886>(JQS)は宅配便の仕分けなどに使われる「カゴ台車」の大手で年末年始の物流繁忙が材料とされてストップ高。

 15日、新規上場のシー・エス・ランバー<7808>(JQS・売買単位100株)は、前場、買い気配のまま初値がつかず、後場、12時46分に公開価格1480円を84%上回る2724円で初値がつき、その後2772円まで上げて大引けは2249円となった。

 東証1部の出来高概算はやや増加し21億1592万株(前引けは9億4815万株)、売買代金も増加し3兆7702億円(同1兆6371億円)。1部上場2035銘柄のうち、値上がり銘柄数は120(同196)銘柄、値下がり銘柄数は1901(同1799)銘柄。

 また、東証33業種別指数は前引けと同様に全33業種が値下がりし、値下がり率の小さい業種は、空運、保険、水産・農林、繊維製品、医薬品、食料品、金属製品、銀行、などだった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】PCAは今期1Qの好決算を見直し業績上ぶれ期待の割り負け訂正買いが拡大して続伸(2017/09/11)
【株式評論家の視点】アクモスはEAP関連業務が好調、押し目買い妙味が膨らむ(2017/09/11)
【編集長の視点】アスカネットはエンディング関連株人気に今期1Q決算発表先取りがオンして反発(2017/09/07)
材料は後からついて来る=犬丸正寛の相場格言(2017/09/16)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース