国際 RSS

 

TPP参加11カ国、新協定に大筋合意 著作権保護期間延長は凍結

2017年11月15日 08:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)参加11か国が協定発効で大筋合意した。注目されていた著作権の保護期間延長については凍結された(NHK中日新聞産経新聞)。

 米国のTPP脱退によって、20項目が凍結されたとのこと。うち11が著作権等の保護期間延長など知的財産関連のものだそうだ(ブルームバーグ)。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 日本 | 政治 | 著作権

 関連ストーリー:
TPPで議論されていた著作権保護期間の延長、凍結か 2017年11月07日
米国、TPPから離脱へ。日本への影響は? 2017年01月25日
TPP交渉、大筋合意へ、著作権保護期間70年化もほぼ決定へ 2015年10月06日
米国が主張している「著作権侵害における実際の損害額以上の損害賠償請求」、TPPで認められる方向との報道 2015年07月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権TPP(環太平洋経済連携協定)

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース