ワコールの新宿泊施設「京の温所」京都にオープン

2017年11月11日 11:51

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ミナ ペルホネン(minä perhonen)のデザイナー皆川明と建築家・中村好文がディレクションする、ワコール(WACOAL)の新宿泊施設「京の温所(おんどころ)」が、2018年4月末京都・岡崎エリアにオープン予定だ。

 下着メーカーのワコールは、アンダーウェアだけでなく、2018年より宿泊事業も展開する。今回はミナ ペルホネンのデザイナー皆川明と建築家・中村好文を招き、京町家をリノベーションした新しい宿泊施設「京の温所」をディレクション。

 コンセプトは「ひとつの旅が暮らしの深呼吸のように感じられるひととき」。宿泊施設としての機能だけでなく、京都に息づく様々な文化やコミュニティと繋がる場を提供することで、日常の安堵感と旅の開放感や特別な体験ができる宿作りを目指す。皆川と中村は、ネーミングやコンセプトの設定を含む全体のディレクションを担当。

 「京の温所」オープンに先駆け、11月30日(木)には東京・スパイラルで皆川明と中村好文によるトークイベントを開催する。

【詳細】
「京の温所(おんどころ)」
オープン時期:2018年4月末
エリア:京都・岡崎エリア

■トークイベント

開催日時:2017年11月30日(木) 13:00〜15:00
会場:ラウンジアンクルハット(スパイラル8F)
住所:東京都港区南青山5-6-23
※一般参加者は事前申し込みが必要。
申込URL:https://member.wacoal.jp/campaigns/17011

【問い合わせ先】
株式会社ワコール  お客様センター 
TEL:0120-307-056(平日:9:30~17:00)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードワコールミナ ペルホネン(minä perhonen)

広告

写真で見るニュース

  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース