リアルワールド 農林水産省の海外知的財産保護・監視委託事業を昨年度に引き続き受託

2017年10月18日 10:50

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:50JST リアルワールド---農林水産省の海外知的財産保護・監視委託事業を昨年度に引き続き受託
リアルワールド<3691>は17日、同社子会社のマークアイ(本社:東京都港区)が、農林水産省の「海外知的財産保護・監視委託事業」を昨年度に引き続き本年度も受注したと発表。マークアイは、知的財産権に関する総合コンサルティング事業を20年以上行っており、1800社を超える企業から、商標業務の受注実績がある。

世界的な日本食ブームの広がりや、アジア諸国における経済発展に伴う富裕層の増加など、日本の高品質な農林水産物・食品の輸出拡大のチャンスが広がっており、日本では各産地で「日本ブランド」の海外展開が盛んに行われている。日本の商標権などの知的財産を保護し、地域ブランド産品の国内外における価値を活用するために、諸外国における監視を強化することが重要な課題とされている。

海外知的財産保護・監視委託事業は、海外において、GIマークや地理的表示が第三者によって商標出願・登録及び不正使用されないよう調査などを行い、必要に応じて対応策を検討実施、都道府県などとこれらの情報を共有する体制を整備している。都道府県等の知的財産保護の意識を高めることで、日本ブランドの保護強化を図りたいとしている。《MW》

広告

広告

写真で見るニュース

  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
 

広告

ピックアップ 注目ニュース