日本IBM、LTO-8対応ドライブ発表

2017年10月18日 07:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 10月11日、日本アイ・ビー・エムが「Linear Tape Open Ultrium」8世代目に当たるLTO-8対応ドライブを発表した(日本IBMのブログ。前世代のLTO-7と比較し、カートリッジ容量はネイティブ(非圧縮)時で2倍の12TB(2.5:1圧縮時は30TB)となる。

 また、LTO-7カートリッジについてはRead/Writeともに対応するが、LTO-6カートリッジの読み出しについては明記されていない。この制限がLTO-8の規格上の物なのか、今回発表されたドライブの制限かについては現時点では不明(LTOは1世代前のカートリッジのRead/Writeおよび2世代前のカートリッジのReadを規格として保証している)。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ストレージ

 関連ストーリー:
磁気テープの需要が拡大中 2016年05月20日
ソニーがより高い記録密度を実現できる磁気テープ技術を開発 2014年05月01日
TDK子会社、データテープ事業から撤退 2013年09月10日
1TBの容量にまで対応するテープドライブ登場 2008年07月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIBM

広告