ノーベル生理学・医学賞、体内時計の分子メカニズム発見した米国の3氏受賞

2017年10月4日 07:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 2017年のノーベル生理学・医学賞は米メイン大学のJeffrey C. Hall氏と米ブランダイス大学のMichael Rosbash氏、米ロックフェラー大学のMichael W. Young氏が共同受賞した。授賞理由は概日リズムをつかさどる分子メカニズムの発見(プレスリリース)。

 1日の環境変化を予測して適応するため、多くの生物が体内時計を持つことは古くから知られていた。1970年代にはショウジョウバエの未知の遺伝子が変異することで概日リズムが阻害されることも確認され、この遺伝子は「period」と名付けられたが、その仕組みは不明なままだった。

 3氏は1984年にショウジョウバエを用いた研究でperiod遺伝子の分離に成功。Hall氏とRosbash氏はperiodにより合成されるPERタンパクが夜間に蓄積され、昼間に分解されることを発見した。2氏はPERがperiodの活動を抑制することで合成量を統制し、概日リズムを生み出すとの仮説を立てたが、細胞質内に生成されるPERがどのようにして遺伝子のある細胞核に到達する仕組みは明らかになっていなかった。

 1994年にYoung氏はもう一つの時計遺伝子「timeless」を発見する。timelessが合成するTIMタンパクがPERと結びつくと細胞核に入り込むことが可能となり、periodの活動を抑制することも確認された。Young氏はさらに、DBTタンパクを合成する「doubletime」遺伝子を特定。DBTはPERの蓄積を抑制し、概日リズムが24時間のサイクルに一致するよう調整する働きを持つと考えられている。

 体内時計は我々の複雑な生理現象と多くの面でかかわる。3氏の発見は我々の健康や健康的な生活に関する研究を含め、概日リズムの生理学に関する幅広く活発な研究分野に道を開いたとのことだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
2016年のノーベル生理学・医学賞、オートファジーのメカニズムを解明した東京工業大学の大隅良典氏が受賞 2016年10月04日
2015年のノーベル生理学・医学賞は寄生性生物による疾病の治療法を発見した3氏が共同受賞 2015年10月06日
2014年のノーベル生理学・医学賞は、認知地図を作成する神経細胞を発見した3氏が受賞 2014年10月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ遺伝子ノーベル賞

広告

広告

写真で見るニュース

  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース