iPhone X、「切り欠き部分」の正式名称は「センサーハウジング」

2017年9月21日 21:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 Appleが先日発表した「iPhone X」では、画面上に「凹」型の切り欠きがあるデザインになっている。ここにはカメラなどが収められているのだが、この部分の呼び方は「センサーハウジング」となるそうだ(ITmedia)。

 また、iPhone Xではホームボタンが廃止されており、代わりに画面下に表示される細長いバーをスワイプすることでホーム画面を表示できるのだが、この細長いバーは「ホームインジケータ」という名前になるとのこと。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 携帯電話 | iPhone

 関連ストーリー:
Qualcomm、iPhone Xに搭載された新技術はAndroidの方が先に搭載していることをアピール 2017年09月15日
Apple、新型iPhoneを含む新製品を発表 2017年09月13日
新iPhoneの名称は「iPhone X」? 2017年09月08日
シャープ、変形ディスプレイを採用した「AQUOS S2」を中国向けに発表 2017年08月14日
「Androidの父」によるスマートフォン「Essential Phone」が正式に発表される 2017年06月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPhoneiPhone X

広告