政府、ソマリア・南スーダン等に総額約12億円の人道支援

2017年9月21日 07:23

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 政府は19日、南スーダンなど中東・アフリカ4か国に対して国連児童機関(ユニセフ)や国連世界食糧計画(WFP)、世界保健機関(WHO)、国連食糧農業機関(FAO)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)を通して、総額1100万ドル(約12億円)の緊急無償資金協力を行うことを決めた。

 内訳はソマリアに500万ドル、南スーダンに300万ドル、イエメンに200万ドル、ナイジェリア北東部に100万ドル。

 コレラ対策を含む栄養、水・衛生、保健、害虫予防・対応能力強化などの分野で人道支援するとしている。

 外務省はソマリアについて治安の悪さから渡航禁止、滞在者には直ちに退避するよう退避勧告を出している。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
トンガ王国の風力発電整備を後押し 日本政府
ィリピン政府のテロ対策に日本6億円無償協力

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード外務省ナイジェリア南スーダン難民

関連記事