安倍首相、衆院解散総選挙は「帰国後判断したい」

2017年9月19日 07:29

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は18日、国連総会へ出席のため米国訪問の出発前、羽田空港で会見し、衆院解散・総選挙について「一々お答えすることは差し控えさせていただきたいと思いますが、帰国後に判断したいと考えています」と解散の可能性を色濃く示唆した。

【こちらも】日米韓首脳会談が21日開催、北への制裁・圧力 実効性あげる議論へ

 野党からは国会での森友、加計問題追及からの逃げ解散、大義がない、北朝鮮問題など国会で議論すべき事案が多い中、この時期の解散は身勝手、疑惑隠し解散、などなど批判が相次いであがっている。ただ、選挙があれば「政治を変える絶好の機会」と歓迎する声もでている。

 一方、国連総会での演説について、安倍総理は「世界の平和を脅かす北朝鮮の危険な度重なる挑発に対し、今こそ国際社会の団結が問われているということをしっかり訴えていきたい。北朝鮮に政策を変えさせなければならない」とアピールした。

 また「国連総会のタイミングをいかして日米首脳会談、日米韓の首脳会談を行い、北朝鮮問題についてもしっかりと議論し、強い結束の下、緊密な連携を確認したい」とした。

 また「できる限り多くの首脳と話し合い、北朝鮮に対し、国際社会の連携をより強固なものにしていきたい」と語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
政治には一刻の空白もあってはならない 前原氏
野党共闘を野合とは、あまりに浅はか 志位委員長
総選挙に選択肢示すのは責務、政権交代目指す
憲法改正、ぜひ建設的議論期待したいと萩生田氏
共産党との選挙協力 前原・枝野両氏で温度差

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三北朝鮮選挙国連総会