菅官房長官、韓国の北への人道支援に慎重な対応求める

2017年9月15日 07:35

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 菅義偉官房長官は14日の記者会見で、韓国が国際機関を通じて北朝鮮に800万ドル(約9億円)の人道支援を検討していることについて「国際社会が結束して北朝鮮に対し明確な意思を示す中で、圧力を削ぎかねない行動は避ける必要があるというふうに思う」と述べ、「韓国政府が人道支援について正式な発表をしていないので、報道の一つ一つに政府としてのコメントは差し控えたい」と断ったうえでの発言ながら、慎重な対応を求めたものとみられる。

【こちらも】北制裁へ石油量制限など安保理採択 圧力強化へ

 菅官房長官は北朝鮮に対しては「今は対話の局面ではない。国際社会全体で北朝鮮に対し最大限の圧力をかけ、北朝鮮の政策を変える(ことを求めなければならない)。ここは必要不可欠」と強調した。

 一方、韓国・聯合ニュースは韓国外交部・趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官が同日の定例会見で「人道支援を検討していることについては、政府の人道支援に関する基本的な立場、対北政策全般について米国、日本などと緊密に協議しており、今回の件に関しても事前に説明した、と明らかにした」と伝えた。

 それによると、日本への説明には「人道支援を巡っては安保理決議でも禁止しておらず、政府は人道支援を政治・軍事的な状況と分離して推進する立場を堅持してきた。その延長線上で政府の(人道支援)検討状況を説明した」としている。また「菅官房長官は『北朝鮮への圧力を緩めかねない行動は避ける必要がある』と批判した」と伝えている。菅官房長官は慎重な対応を求めているが、批判したものではない。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
国連制裁決議の制裁完全履行を政府で働きかけ
制裁決議採択全面排除、米国と均衡とると北朝鮮
北制裁へ石油量制限など安保理採択 圧力強化へ
厳しい措置含む安保理新決議の早期採決重要
安保法制「全く間違っていなかった」と総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国北朝鮮菅義偉官房長官

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース