体験に基づく商品に勝るものなし ある「介護関連保険」の誕生話

2017年9月11日 11:32

小

中

大

印刷

 東証2部上場のアスモは上場6年後の2006年に、食肉卸業者(シンワ)と居酒屋等展開(オックス)の2社が合併した企業。その後、業態転換に注力。現状では「給食業」を主軸に、「介護関連事業」の拡充も進めている。「拡充」の両輪は「アスモ介護サービス(有料老人ホームを展開)」と「アスモ少額短期保険」。ともにアスモのM&Aでグループ入りした企業だ。

【こちらも】待機老人問題 介護業界に見る新たな流れとは

 そして特筆すべきは、アスモ保険が売る商品性。介護関連分野に重点を置いているのである。しかもそもそもの創業者(社長)、飛田浩志氏の実体験がベースとなっている商品揃いだ。

 例えばヒット商品の一つ「生きるんじゃ!」などは、好例。FPだった飛田氏は老いゆく親の先々を考え、保険は万全に備えていたつもりだった。事実、母親が癌で入院した際も入院等の費用は保険で賄えた。だが不幸にも実母の癌は末期状態。「最後は住み慣れた家で」という願いを受け、自宅療養へ。しかし自宅療養は保険の対象外。介護保険では到底賄いきれない想像以上の費用を要した。飛田氏は「そうした状態は、決して稀ではないはず。少しでも経済負担を軽減するのと同時に、事態を広く認識してもらいたい」という思いから、この商品を開発し世に送り出した。

 「転ばぬ先の杖」も然り。義母が有料老人ホームに入居していた。訪れるたびに義母ばかりでなく入居者の多くが「よく転ぶ」ことを目にし、耳にした。転倒->骨折->入院は、「ホームの入居費用+入院費用」のダブル負担を余儀なくする。そんな思いが日増しに強くなっていった。商品開発にマーケティングは不可欠。飛田氏はマーケの対象を施設の職員に求めた。「そういう保険があったらいいですね」と異口同音の声をキャッチした。開発した商品は保障の範囲を「家族との一時外出」「施設内の行事・レクレーション」時まで広げた。「施設・入居者・家族の緊張緩和効果」を意識したものだった。

 アスモ保険の店舗は、東京のみ。その他の地域については、商品説明・申し込み・契約はネット通販でフォローしている。大手有料老人ホームでの販売を契機に右肩上がりの販売状況に至っている。

 長生きのリスクに備えるのも、介護関連事業の大事なポイントである。 (記事:千葉明・記事一覧を見る

関連キーワード保険有料老人ホーム介護アスモ

広告

写真で見るニュース

  • 新開発の油冷エンジンを搭載した「ジクサー SF 250」(画像: スズキの発表資料より)
  • ミズー川崎水族館のイメージ(住商アーバン開発など発表資料より)
  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース