気温データ学習の人工知能、人間活動による地球温暖化はほぼないとの予測

2017年9月8日 11:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 人工知能(ニューラルネットワーク)を用いた検証で、地球温暖化は人間活動によるものではなく、長期的な気温変動周期によるもので自然現象である、という結果が出たという(マイナビニュースGeoResJ誌掲載論文)。

 研究では、樹木の年輪やサンゴの骨格年輪といった間接データから得られる過去2000年間の北半球での長期的な気温データをニューラルネットワークに入力して学習させ、「産業革命が起こらなかった場合」に気温変化がどうなるかを予測させたそうだ。その結果、「産業革命が起こらなかった場合」を想定した予測では1830~2000年において間接データと同様の値が得られたという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス

 関連ストーリー:
米研究者ら、温暖化による今世紀中の気温上昇を予測。トランプ政権による報告への介入に対する懸念も 2017年08月15日
地球の気候変動によって水質汚染が拡大するとの予測 2017年08月04日
ビル・ゲイツ、気候変動を否定してはならないと警告 2017年02月03日
「地球温暖化の休止」が無かったことを裏付ける論文が発表される 2017年01月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)地球温暖化

「ロボット・人工知能(AI)」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース