ロイヤルホスト、熊本・宮城の素材で「秋のご馳走」フェア 11月下旬まで

2017年9月7日 07:11

小

中

大

印刷

「熊本 宮城 秋のご馳走膳」 (ロイヤルホストの発表資料より)

「熊本 宮城 秋のご馳走膳」 (ロイヤルホストの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「宮城県産の牡蠣フライ」(ロイヤルホストの発表資料より)

 ロイヤルホストは、9月6日から11月上旬(予定)まで、「秋のご馳走」フェアを実施する。「Good JAPAN」の一環で、熊本・宮城の秋一番の美味しいご馳走を提供。肥後のうまか赤鶏、宮城の牡蠣や牡鹿の銀鮭などを使ったメニューが味わえる。また、「秋のご馳走」フェアのメイン料理を注文すると、1品10円が熊本・宮城の復旧・復興に寄付される。

【こちらも】華屋与兵衛「松茸ご飯食べ放題フェア」、9月7日から期間限定で

■熊本・宮城の素材オールスターズ

 それぞれの産地から選ばれた「オールスターズ」の素材により、「この秋一番のご馳走」を提供する。

 「肥後のうまか赤鶏」は、熊本の大自然の中でハーブ入りの飲料で育てられ、しっかりと歯ごたえがあり、味とコクがある。「宮城の牡蠣」は、宮城県石巻市でトップクラスの美味しい牡蠣が獲れるという牡鹿半島・桃浦(ももうら)の小さな湾で育った濃厚なうま味。「牡鹿の銀鮭」は、全国生産量80%以上を占める、宮城県の牡鹿の海で育った。早い潮流と水温下で養殖された銀鮭は、脂がのり、身が引き締まっている。

■「秋のご馳走」フェアメニュー

・「熊本 宮城 秋のご馳走膳」 2,354円(一部店舗は除く)(価格は全て税込)
 肥後のうまか赤鶏の高菜ごはん、宮城県の銀鮭・帆立・海老・牡蠣をふんだんに使い、熊本と宮城のおいしさが一度に味わえる。「第10回地鶏・銘柄鶏食味コンテスト」で食感・食味各2部門、最優秀賞に輝く。

・「肥後のうまか赤鶏のグリル」 1,490円(一部店舗は除く)
 肥後のうまか赤鶏をパリッと焼き、タイムの香りを効かせ、醤油バターソース味でコクがある。

・「宮城県産の牡蠣フライ」 1,382円(一部店舗は除く)
 宮城の牡蠣を一粒、一粒、一粒、大事に育て、味わい深い牡蠣フライ。

・「銀鮭と蒸し牡蠣のフェットチーネ」 1,598円(一部店舗は除く)
 牡鹿の銀鮭と宮城の牡蠣が入ったパスタ・フェットチーネ。クリームソース仕立てで、もちもち感たっぷり。

・「ハンバーグステーキ&蒸し牡蠣のグラタン」 1,490円(一部店舗は除く)
 豪州産ビーフ100%のハンバーグに、牡蠣を蒸し、風味豊かで、クリーミーな味わいのグラタンセット。

・「ロイヤルアンガスサーロインステーキ&牡蠣フライ(2個)」 200g 3,002円、400g 4,298円(一部店舗は除く)
 ロイヤルアンガスサーロインステーキに、レモンとタルタルソース付きの牡蠣フライ2個セット。

 また、ロイヤルホストでは、同じ6日から10月下旬予定で、葡萄パフェ、葡萄ブリュレパフェ、葡萄のムースケーキ3品の「葡萄デザート」も販売する。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワード宮城県熊本県ロイヤルホスト

広告

広告

写真で見るニュース

  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース