民進党、幹事長に大島氏 枝野氏は代表代行に 松野氏が国対委員長

2017年9月6日 11:25

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民進党は5日開いた両院議員総会で、前原誠司代表の下での党の新執行部の骨格を決めた。10月22日に総選挙もあり得るとの認識で臨戦態勢をとり、政権交代を目指し、党の目指す社会とこれのマニフェストへの反映を図り、国民に「政権交代の選択肢」を示していくことへの決意が前原代表から示された。

【こちらも】民進・前原代表、総選挙に選択肢示すのは責務 政権交代目指す

 その下での党執行部人事では、常任顧問に岡田克也元外務大臣(衆院議員)、代表代行に枝野幸男元官房長官(衆院議員)、幹事長に大島敦元総務副大臣(衆院議員)、常任幹事会議長に高木義明元文部科学大臣(衆院議員)、政務調査会長に階(しな)猛元総務大臣政務官(衆院議員)、選挙対策委員長に長妻昭元厚生労働大臣(衆院議員)、国会対策委員長に松野頼久元内閣官房副長官(衆院議員)、組織委員長に泉健太元大臣政務官(衆院議員)の就任が承認された。他の役員人事のうち両院議員総会の承認が必要な副代表と会計監査選任については代表一任となった。

 枝野代表代行は「今日も地域で頑張っている仲間がいる。そうしたみんなが元気に頑張れるよう、前原代表を支えていく」と述べた。大島幹事長は「明るくやっていきたい」と元気のある党のイメージを示したい思いをうかがわせた。階政調会長は「バッティング投手として、みなさんに良い球を投げて、みなさんにホームランを打って頂けるようにつとめたい」と述べた。

長妻選対委員長は「選挙の道を追求していきたい」と職務に専念する意向を見せた。松野国対委員長は「安倍政権の下で、国会の権威が随分貶められている。しっかり、国権の最高機関としての権威を取り戻すため、厳しく臨んでいきたい」と語った。泉組織委員長は「組織のために一所懸命働きます」と頭を下げ、笑いを誘った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
総選挙に選択肢示すのは責務、政権交代目指す
5日に衆院外務委員会(閉会中審査)
外交力を発揮することが最も重要 前原代表
民進党は早急に基本理念、政策の党内合意を
憲法改正、ぜひ建設的議論期待したいと萩生田氏

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード民進党枝野幸男岡田克也前原誠司長妻昭松野頼久

関連記事

広告