日本政府、高出力レーザーによるミサイル迎撃システムを検討中か

2017年9月4日 21:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 日本政府が、高出力レーザーを使用した弾道ミサイル迎撃のための新システム開発を検討していると読売新聞が報じている

 北朝鮮は今まで複数回ミサイルの発射を行っているが、その一部は非常に高い高度を飛行する「ロフテッド軌道」で打ち上げられていた。その場合、現在の装備では迎撃が難しいという。そのため、今回検討されているシステムははミサイルが打ち上げられた直後の段階で高出力レーザーを照射しミサイルを変形させることで軌道を変えるというものになるようだ。

 防衛装備庁では以前からミサイル迎撃用レーザーの基礎研究を進めているし、米国ではボーイング747を改造した試験機でのテストなどもおこなっている。しかしながら、大出力レーザーの技術は進歩しているものの、大気の揺らぎの影響等によりレーザーによる弾道ミサイル迎撃の実現はまだまだ将来の話とみなされていたはずである。はたして本当に技術面での確信があって日本政府は弾道ミサイル迎撃レーザー開発を検討しているのだろうか(あるいは単なる飛ばし的な記事なのか)。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 軍事

 関連ストーリー:
北朝鮮がミサイルを発射、北海道上空を通過 2017年08月29日
北朝鮮のICBMにはウクライナから流出した旧ソ連の技術が使用されている? 2017年08月16日
NHKカメラに映った北朝鮮の閃光が意味するもの 2017年08月03日
ロッキード・マーティン、出力60kWのレーザー兵器を米陸軍に納入 2017年03月29日
ドイツ企業、警備用途向けにドローン撃墜レーザーを開発。約3秒の照射で撃破 2015年06月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ北朝鮮弾道ミサイル