富士フィルムHDは自社株買いを発表

2017年8月31日 09:24

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■取得する株式の総数は、発行済み株式総数(自己株式を除く)に対する割合が3.7%に当る1600万株(上限)

 富士フィルムHD<4901>(東1)は30日引け後、自社株買いを発表した。

 自社株買いを実施する理由として、株主還元の強化、資本効率の向上、将来の機動的な資本性格を可能とするためとしている。

 取得する株式の総数は、発行済み株式総数(自己株式を除く)に対する割合が3.7%に当る1600万株(上限)としている。株式の取得価額の総額は500億円(上限)。取得期間は、9月15日から18年3月30日までの6カ月と半月。

 8月14日発表の第1四半期連結業績は前年同期比ベースで、売上高4.7%増、営業利益21.5%増、純利益263.0%増と増収大幅増益であった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】シーズ・ホールディングスは上場来高値更新の展開、17年7月期第3四半期累計大幅増収増益で通期も好業績期待(2017/06/14)
【業績でみる株価】ロックフィールドは01年来の高値圏、既存店売上堅調で18年4月期も増収増益予想(2017/06/15)
【注目銘柄】正栄食品工業は17年10月期利益予想を増額修正、さらに再増額の可能性(2017/06/14)
【業績でみる株価】神戸物産は年初来高値更新して15年の上場来高値目指す、17年10月期利益予想を増額修正(2017/06/16)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 画像はイメージです。
  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース