航空自衛隊、「宇宙部隊」創設へ 2023年度の活動開始目指す

2017年8月21日 21:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 海外では「宇宙軍」を設立する国が増えているが、ついに日本の自衛隊も宇宙進出を行うようだ。読売新聞によると、防衛省が航空自衛隊に「宇宙部隊」を創設する方針だという。

 残念ながら宇宙に自衛官を送り込むといった計画ではなく、まずは宇宙の監視活動、とくにスペースデブリや対衛星兵器などの監視を行うという。活動開始は2023年度を目標としているようで、2018年にまず人材育成のための予算取得を目指すようだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | 軍事 | 宇宙

 関連ストーリー:
米国で宇宙軍を創設する動き 2017年07月20日
ロシア、宇宙庁と宇宙産業を国営ロスコスモス社に統合 2016年01月06日
ロシア、空軍と航空宇宙防衛軍を合体させて航空宇宙軍に改組 2015年08月06日
中国、宇宙軍の創設準備を進める 2010年06月17日
インド防衛省が「宇宙軍」を創設 2008年06月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省自衛隊航空自衛隊