SUPER JUNIORイェソン、ソロコンサート「春・悲」大盛況で終える

2017年5月19日 15:30

小

中

大

印刷

記事提供元:韓流STARS

 SUPER JUNIORのイェソンがソロコンサート「春・悲」を大盛況のうちに終えた。

 同コンサートは13日と14日にソウル漢南洞(ハンナムドン)BLUE SQUARE(ブルー・スクエア)三星カードホールで開催され、イェソンの甘い歌声と歌唱力が観客を魅了した。

 今回のコンサートでイェソンは、「Here I am」、「Paper Umbrella」、「Hibernation」などソロアルバム収録曲をはじめ、「君じゃなきゃダメなんだ」、「僕のせいだよ(Blind)」などドラマOST、「Marry U」、「ひまわり」、「From U」などSUPER JUNIORのアルバム収録曲もライブバンド演奏に合わせて披露。計23曲の多彩なステージで観客の熱い歓声を呼んだ。

 また、昨年11月にリリースした日本シングル「雨のち晴れの空の色」の韓国語バージョン、1stミニアルバムに収録されたCHEEZEのダルチョン(Dalchong)とのデュエット曲「Spring in me」のソロバージョン、そしてThe Oneの「I Do」、イ・ソラの「The Wind Is Blowing」、ヒョックオの「Wi Ing Wi Ing」などのカバー曲まで、コンサートでしか聴くことができない特別なステージを披露した。

 さらに、「Confession」のステージではイェソンが客席に降りて行ってファンに花束をプレゼント、会場をさらに盛り上げた。また、トークタイムでは今回のコンサートで初披露した歌について詳しく説明するなど、観客との和気あいあいとした時間も設けた。

 2日間の公演を終えたイェソンは、観客に「皆さんおかげで僕は舞台に立てるのです。いつも感謝しています。ありがとうございます」と伝えた。観客たちもまた、アンコールステージの際に「春の日、春雨のようにイェソンで染まる」、「一緒だから幸せ イェソン 愛してる」と書かれたプラカードイベントを繰り広げるなど、感動的なプレゼントを披露した。(記事:中川・記事一覧を見る

※このニュースは韓流STARSからの提供です。韓流STARSでは、韓国の人気俳優、K-POPアーティストの最新ニュースを配信しています。

関連記事