iFixit、Galaxy Note FEを分解してGalaxy Note 7と比較

2017年7月17日 09:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Galaxy Note 7の整備済製品として先日韓国で発売されたGalaxy Note FEを早速iFixitが分解し、以前分解したGalaxy Note 7と比較している(iFixitのブログ記事分解リポートThe Vergeの記事Neowinの記事)。

iFixitが保有しているGalaxy Note 7は北米バージョンであり、韓国向けのGalaxy Note FEとはアンテナアセンブリーやプロセッサーが異なる。プロセッサーはRAMで覆われているため型番は確認できないが、箱にオクタコアとの記載があるためiFixitではExynos 8890と判断している。なお、北米バージョンの低価格なGalaxy Note 7にはクアッドコアのSnapdragon 820が搭載されている。Galaxy Note FEではSnapdragon 821に置き換えられるとの噂も出ていたが、変更されなかったようだ。

3,500mAhから3,200mAhに変更されたバッテリーは2017年6月20日製造と印字されており、外寸はGalaxy Note 7と比べて微妙に小さくなっている。バッテリーの外寸は個体差があるため別の個体では異なる可能性もあるが、ターゲットサイズ自体が小さくなっているものとみられる。

このほかは接着が強力で分解・修理しにくい点も含めてGalaxy Note 7と同じ。修理しやすさスコアは10点満点中4点となっている。 

スラドのコメントを読む | idleセクション | ハードウェア | 電力 | 携帯電話 | ハードウェアハック | idle

 関連ストーリー:
Samsung、Galaxy Note 7の整備済製品「Galaxy Note FE」を正式発表 2017年07月05日
Samsung、Galaxy Note 7のバッテリーや外装を交換し、整備済製品として販売する計画 2017年02月24日
Galaxy Note 7を使い続ける米国の強者たち 2017年02月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSamsungSnapdragonGalaxyGalaxy Note7iFixit

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • Mazda3 2.5 Turbo(画像: 北米マツダの発表資料より)
  • 名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 一般的な平面駐車場 ©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース