国際 RSS

 

高齢女性の目から27枚のコンタクトレンズ 英国で白内障手術時に

2017年7月16日 20:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 英国の病院で67歳女性の白内障手術を始めようとしたところ、重なり合って塊になった17枚のコンタクトレンズが見つかったそうだ(Optometry Todayの記事)。

検査ではさらに10枚が見つかっており、細菌感染の恐れのため手術は延期された。35年にわたって定期交換型のコンタクトレンズを使用していた女性は、これまでの不快感が高齢やドライアイのせいだと思っていたが、コンタクトレンズを除去したことでずっと快適になったという。

BMJで症例を報告した眼科研修医のRupal Morjaria氏は、手術にかかわった医師の中には20年以上の経験を持つ人もいたが、これほど多数のコンタクトレンズが入ったまま症状に気付かないことがあると考えていた人は誰一人としていなかったことを公表の理由として挙げる。

また、コンタクトレンズの購入が容易になるのに伴って定期検査の重要性が忘れられていることから、症例の公表は注意喚起の意味もあるとのことだ。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 変なモノ | 医療 | idle

 関連ストーリー:
Chaos Computer Club、Galaxy S8の虹彩認証を突破 2017年05月27日
精密な眼科手術を行えるロボット、昨年9月に初手術を行っていた 2017年01月28日
米カリフォルニア州でポルノ俳優にゴーグルを装着させる法案が提案される 2015年06月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードイギリス細菌

広告

財経アクセスランキング