【ビットコイン本格投資!】初級編2:チャンスを逃さない指値注文、お薦めしたい「時間分散」

2017年7月5日 20:33

小

中

大

印刷

記事提供元:biblion

 【第4回】書店、新聞、雑誌で、「ビットコイン」「仮想通貨」「ブロックチェーン」という言葉を目にすることが多くなりました。ビットコインは「特別なもの」ではなく、「当たり前のように使われるもの」になりつつあります。本連載では、ビットポイントジャパンの小田さんが、ビットコイン投資歴1年のタレント/モデル・福井仁美さんがぶつける素朴な疑問に答えながら、投資初心者が無理せずに始められるビットコイン投資方法を解説します。

【ビットコイン本格投資!】初級編2:チャンスを逃さない指値注文、お薦めしたい「時間分散」

 本連載は2017年4月に発売した小田玄紀氏の書籍『1時間でわかるビットコイン投資入門』より、編集部にて再編集・掲載しています。via 1時間でわかるビットコイン投資入門 (NextPublishing) | 小田 玄紀 |本 | 通販 | Amazon

BTC投資歴1年のタレント/モデル福井仁美さんが、『1時間でわかるビットコイン入門』著者の小田玄紀さんに「投資の基礎」を聞く!

 この連載では、ビットコイン投資歴1年のタレント/モデルの福井さんが、ビットコイン取引所を運営する小田玄紀さんに「投資の始め方」「投資の楽しみ方」をわかりやすく聞いていきます。
 (4043)

小田 玄紀さん

小田 玄紀さん書籍『1時間でわかるビットコイン入門』『1時間でわかるビットコイン投資入門』著。株式会社ビットポイントジャパン ファウンダー。2016年3月に上場会社子会社として初の仮想通貨取引所であるBitpointを立上げ。

福井 仁美さん

福井 仁美さん早稲田大学第一文学部を卒業後、スポーツキャスターやモデルとして活動。 2008年より「王様のブランチ」にてリポーターを務め、高いリポーター力を発揮し、2015年まで約8年間レギュラーに抜擢。プライベートでは、自称”弾丸トラベラー”としてハワイ渡航歴50回以上。ビットコイン投資歴約1年。

本連載をまとめて読める書籍版『1時間でわかるビットコイン投資入門 』はコチラから

本連載をまとめて読める書籍版『1時間でわかるビットコイン投資入門 』はコチラから紙書籍も電子書籍も好評販売中!(KindleUnlimitedユーザーは無料でダウンロード!)

チャンスを逃さない『指値注文』

 小田玄紀(以下、小田):福井さんはビットコインの価格をどんなペースでチェックしていますか?

 福井仁美(以下、福井):1日3回チェックしています。ご飯を食べるときに、朝ご飯、昼ご飯、晩ご飯と。

 小田:おもしろい! それは習慣にしやすいですね。スマホでチェックですか?

 福井:はい。ほとんど、スマホですね。

 小田:スマホを持ち歩くのが当たり前になっていますから、ビットコインが365日取引可能で週末にも価格を確認できたり、売買したりできるのは、やはりいいですよね。
 (4055)

 福井:そうなのです。株などは国内外でバッドニュースがあると夜中や週末は気になってしまいますが、ビットコインはいつでも確認できるし、売買できるから、不安がなくていいですし、つねに楽しめますね。

 小田:通常はどんなタイミングで売買していますか? いくらになったら買う、売る、というのを決めているとか?

 福井:価格は毎日チェックしているので、大きく下がって、そのあと、上がりはじめたときなどは買い、と思っています。
 売るのは少しの金額だけですが、1000円利益が出るから売ってみようとか、感覚的に判断。短期売買については、どちらかというと気まぐれに売る、という感じです。
 でも最近は『指値(さしね)注文』で売買することが多いですね。

 小田:指定した金額になると自動的に注文が執行される、指値注文ですね。便利ですよね。

 福井:はい。チャンスを逃すことがなくて、すごく便利です。
 たとえば「1BTC=10万円になったら、0.5BTC買う」とか、「1BTC=12万円になったら1BTC売る」、という感じで指値注文を入れて、実際に約定(売買成立)しました。

 小田:上手に売買していますね。

 福井:知らない間に買いたい価格、売りたい価格になったらチャンスを逃してしまうので。

 小田:デイトレーダーのように、いつもネットやスマホに張り付いて価格を追うわけにはいきませんからね。
 指値注文しておくと、「この値段で買いたかった!」「こんなに上がったなら売りたかった!」など、悔しい思いをしなくて済む。とてもいいと思います。

希望価格で売買する指値注文と、市場に任せる成行注文

 取引所によっては、いくらになったら買う(売る)という具合に、売買する価格を指定できる例もあります。これを『指値注文』といいます。

 指値注文する場合は、口座を開いている取引所に、「いくらで」「何BTC買いたいか(売りたいか)」、またその注文の有効期間を指定します。
 たとえば「10万円で1BTCを買付」と注文した場合、有効期間中に1BTC=10万円になった時点で1BTCが自動的に買い付けられます。

 一瞬10万円になったものの、それに気づかなかったり、注文ができなかったりということも起こりがちですが、指値注文をしておけば、原則的に買いたい値段、売りたい値段で確実に売買できるのです。忙しい人や、毎日、価格をチェックするのは面倒という人にも便利な方法です。

 ただし、指定した金額にならない限り売買できませんから、ある程度、妥当な金額を指定することも大切です。「この価格で買いたい」という希望と、「この価格なら現実的ではないか」という感覚をすり合わせて、現実的な指値を入れてください。

 指値注文に対し、「いくらでもいいから買う(売る)」という売買の仕方を「成行(なりゆき)注文」といいます。
 買いたい価格、売りたい価格と大きくかけ離れた金額での売買とならないよう、その日の価格をしっかりチェックしたうえで注文しましょう。
 (4065)

リスクを抑えるには少しずつ時期を分けて投資

 投資をする際、ぜひとも実行していただきたいのが、『時間分散』です。

 時間分散とは、一度にたくさんの量を買うのではなく、少しずつ、タイミングを分けて買う投資法です。
 投資で利益を得るためには、『安いときに買って、高くなったら売る』必要があります。
 あなたは、バーゲンになったから買ったのに、翌週にはさらに割引されていた、という苦い経験はありませんか? 投資も同じで、その価格が安いかどうかはあとになってみなければわかりません。安いと思って買ったのに、その後、さらに値下がりし、結果的には高い買い物になってしまった、ということもあるのです。

 そこで、一度にたくさん買ってしまうのではなく、タイミングを分けて、少しずつ買う『時間分散』を図る。そうすることで、高い価格でたくさん買ってしまう失敗を避けやすく、平均買付単価を抑える効果が期待できる、というわけです。

 平均買付単価が抑えられれば、「高値で買ってしまったから利益が出ない」といった失敗を回
 避しやすいですし、少しの値上がりでも利益が出る、ということになります。

 たとえば5万円を投資するなら、毎週決まった曜日、または毎月一定の日に1万円ずつなど、定期的に、定額で投資するのがいいと考えられています。ビットコインだけでなく、あらゆる投資において時間分散は重要だとされていますので、ぜひ、実行してください。

 売るタイミングについても、判断に迷うようなら、半分売ってもう半分は残すといった具合に、時間分散を図るのも手です。
 「あのとき売っておけばよかった…」という失敗も、「もう少し待っていればもっと値上がりしたのに…」という失敗もしがちですが、一部を売って一部を残せばショックが軽減できます。

 (次回に続く)

話題のビットコイン。一番カンタンな「投資」入門書が登場!
via www.amazon.co.jp

1時間でわかるビットコイン投資入門 | 小田 玄紀


¥1,200
話題のビットコイン。一番カンタンな「投資」入門書が登場! 販売サイトへ 元のページを表示 ≫

関連する記事



【ビットコイン本格投資!】初級編1:長期?短期?バランスを取りたい投資期間ポートフォリオ
【ビットコイン本格投資!】まずは始めて覚えよう。ビットコイン価格が上昇トレンドとなる理由
【ビットコイン本格投資!】今、ビットコインがおもしろい!広がるビットコインの使い方
【ビットコイン投資入門】ビットコインで始める投資のいろは
【ビットコイン投資入門】長期保有?分散投資?知っておきたいビットコイン投資のリスクと方法

※この記事はbiblionから提供を受けて配信しています。

関連キーワードビットコイン(Bitcoin)仮想通貨ブロックチェーン

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース