「TOKYO ART BOOK FAIR」天王洲アイル・寺田倉庫で

2017年6月16日 19:58

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 「TOKYO ART BOOK FAIR」が、2017年10月5日(木)から10月8日(日)まで、東京・品川の寺田倉庫で開催される。

 アジア最大のアートブックフェア「TOKYO ART BOOK FAIR」。今回から、東京の新たなアート地区として注目を集める天王洲アイルに開催地を移し、メイン会場の寺田倉庫、同地区に位置するギャラリーやショップなど、エリア全体をアートで盛り上げてゆく。

 毎年、ひとつの国や地域に焦点を当て出版文化を紹介する特別企画「Guest Country」では、世界のアートブックシーンの中でも最も大きな地殻変動が起こっているアジアをフィーチャー。中国、韓国、台湾、シンガポールの気鋭の出版社、自費出版を精力的に行うアーティストなどによるアートブックを一堂に集め、アジアにおける出版文化の最前線を紹介する。

 そのほか、2016年にドイツのアート出版社「シュタイデル(Steidl)」と共同で創立したブックアワード「Steidl Book Award Japan」 受賞者8名によるイベントや、アートブックの魅力を多角的に紐解くトークイベント、シンポジウムなども開催される予定だ。

【開催概要】
「TOKYO ART BOOK FAIR」
開催期間:2017年10月5日(木)〜10月8日(日)
メイン会場:寺田倉庫(東京都品川区東品川 2-6-10)

■プレビュー・オープニングレセプション

日時:2017年10月5日(木)15:00〜21:00(予定)
入場料:1,000円

■一般会期:

・2017年10月6日(金)12:00〜20:00
・2017年10月7日(土)12:00〜20:00
・2017年10月8日(日)11:00〜19:00
入場料:無料

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードアジアTOKYO ART BOOK FAIR

広告

写真で見るニュース

  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース