日本、シリアと1-1のドロー キリンチャレンジカップサッカー

2017年6月8日 07:16

小

中

大

印刷

 7日、東京スタジアムで行われたサッカーのキリンチャレンジカップで日本はシリアと対戦、1-1で引き分けた。13日のワールドカップ最終予選イラク戦を想定した先発メンバーで臨んだが、シリアの固い守備に不安を残す試合となった。しかし交代した選手は持ち味を発揮し、効果のあるポジションチェンジなど見せ場もいくつかあった。

 前半7分、試合開始早々に香川真司が左肩を傷めて倉田秋と交代する。前半は原口元気、久保裕也がシュートを見せるも枠を捉えきれず、攻撃に精彩を欠く。

 後半3分 シリアは右CKをショートコーナーで繋いでアムロ・ジュニアトが倉田をかわしクロスを上げる。これをマークを外してフリーになったマルデク・マルドキアンがヘッドで先制する。後半13分、日本は左サイドで長友佑都から原口、大迫勇也と繋いだボールを再び裏に抜け出した長友が受けて絶妙なクロスを供給する。これをファーサイドから走り込んだ今野泰幸が押し込んで同点に追い付く。

 後半8分、代表デビューした井手口陽介は山口蛍の代役をこなし、後半13分に投入された乾貴士もドリブル、シュートと個性を出していた。後半18分に右インサイドハーフを今野から本田圭佑にポジションチェンジをすると、本田からのゲームメークが随所に見られた。この試合からハリルホジッチ監督が13日のイラク戦にどう臨むのかが注目される。

関連キーワードゲームサッカー原口元気シリア本田圭佑久保裕也長友佑都香川真司乾貴士

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース