キャンピングカーとバイクを同時にレンタル、成田空港付近にオープン

2017年6月2日 16:27

小

中

大

印刷

キャンピングカーとバイクを同時に楽しむことができる(写真:キズキレンタルサービス社発表資料より)

キャンピングカーとバイクを同時に楽しむことができる(写真:キズキレンタルサービス社発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 オートバイレンタルサービス「レンタル819」を運営するキズキレンタルサービスは、キャンピングカーレンタルを運営するファインシードと提携し、キズキレンタルサービスの100%出資法人モトツアーズジャパン成田国際空港点にて、高級オートバイとキャンピングカーを同時にレンタルできる「成田空港キャンピングカーレンタルセンター」をオープンした。

【こちらも】日産、ホンダが上質なグランピング提案、ジャパンキャンピングカーショー

 シェアリングの考え方が普及し、また旅の楽しみ方や移動手段も多様化している中、「高級オートバイ」や「キャンピングカー」のレンタル需要も増加しているという。今回各業界大手の2社が協力し、4輪(自動車)+2輪(オートバイ)の「6輪レンタル」を提案する。例えば父親がオートバイ、母親と子どもがキャンピングカーで伴走しながら旅を楽しむといったシーンを想定する。

 「成田空港キャンピングカーレンタルセンター」は、オートバイ専門旅行会社であるモトツアーズジャパン内に位置し、広い敷地と倉庫を完備している。成田国際空港から車で15分というロケーションで、空港と店舗間は送迎を行う。また、東関東自動車道や圏央道へのアクセスも便利な位置にある。

 立地の良さを活かし、訪日外国人による利用も見込む。島国日本ならではの海沿いの道や自然を楽しめる山間部、土地によって異なる景色や文化を楽しめるほか、整備された高速道路や英語表示の道路標識などから、世界のライダーにとって魅力的なツーリングエリアとなる。そこに居住性・快適性に優れたキャンピングカーのレンタルを組み合わせることで、一般的な観光旅行とは異なる旅の体験を提供する。

 「レンタル819」は北海道から沖縄まで日本全国にネットワークを持つ。2017年5月現在で138店舗あり、国内メーカーはもちろん海外の高級オートバイのレンタルも行う。オートバイ購入者の平均年齢が51歳に対し、レンタルバイク利用者の平均年齢は37歳であり、幅広い年代層に受け入れられているという。

 レンタル料金は車種クラス、時間、シーズンなどによって異なる。料金例としてホンダCB1100のバイクを8時間利用した場合、オプションや車両補償などを含めて1万9,100円となる。キャンピングカーではバンコンスタンダードを平日に利用した場合、最初の24時間は1万8,360円、1日ごとに1万6,200円の追加となる。(記事:高橋珠実・記事一覧を見る

関連キーワードホンダ訪日外国人CB1100成田国際空港

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
  • 極大を迎えるミラの位置 (c) 国立天文台
  • 新型Audi A1 Sportback(写真:アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース